次期政府専用機、初の飛行訓練(Aviation Wire)

林 尚弘の暗記の最終奥義があなたの脳に革命を起こす!武田式記憶術DVD 口コミが怪しい

最近、話題になっている

林 尚弘の
暗記の最終奥義があなたの脳に革命を起こす!武田式記憶術DVDって・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:千歳基地でタッチアンドゴー訓練を行う次期政府専用機=18年9月26日 PHOTO: Stringer/Aviation Wire

2019年度に導入予定の次期政府専用機の初号機(ボーイング777-300ER型機、機体番号80-1111)が9月26日、航空自衛隊所属となって初の飛行訓練を千歳基地で実施した。

【タッチアンドゴーする次期政府専用機】

 今回の訓練は、午前9時49分すぎにプッシュバックを開始。午前10時3分に千歳基地側の滑走路(RWY18L)を離陸し、同24分に新千歳空港側の滑走路(RWY19L)に着陸した。

 その後、午前10時56分に空港側滑走路(RWY01L)を離陸。午前11時10分から基地側滑走路(RWY36R)を使用し、タッチアンドゴー訓練を9回実施した。訓練を終えた次期政府専用機は、午後1時55分に基地側滑走路(RWY36R)に着陸し、午後2時3分に駐機場へ到着した。

 次期政府専用機の初号機は、8月17日にスイスのバーゼルから、千歳基地に到着。この時は登録番号が民間機のN509BJだったが、翌18日は空自の機体番号80-1111に変更され、地上でのハンドリング訓練を行った。その後も飛行訓練は実施されず、今回が自衛隊機として初フライトになった。今後は2019年4月の運用開始に向け、パイロットや民間機の客室乗務員にあたる空中輸送員、整備員などの訓練を進めていく。

 政府専用機の運用は、千歳基地の特別航空輸送隊が担当している。2号機も、12月に千歳へ到着する見通し。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

林 尚弘さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です