新潮社看板に「あのヘイト本を、」の落書きはアート? 現代アーティスト「アートではなくプラカード」(AbemaTIMES)

投手パフォーマンスライン~自宅で取り組める野球肘と肩の痛みを改善させる方法~のネタバレと体験談

株式会社トレンドアクアの
投手パフォーマンスライン~自宅で取り組める野球肘と肩の痛みを改善させる方法~が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:新潮文庫「Yonda?」の上に落書き

東京・新宿区の新潮社近くにある看板に24日、ある落書きがされているのが発見された。新潮文庫のキャッピコピー「Yonda?」という文字の上に「あのヘイト本、」と書き加えられ、合わせると「あのヘイト本、Yonda?(読んだ?)」と読むことができる。

 ヘイト本とは、人種や民族、性の在り方などに対する差別や侮辱を内容とする書籍のこと。「あのヘイト本」は、新潮社の月刊誌『新潮45』を指しているとみられる。『新潮45』を巡っては、自民党・杉田水脈議員の「LGBTの人たちは『生産性』がない」という論文を掲載したほか、最新号では杉田議員を擁護する特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を組み批判が高まっていた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です