「大阪潜伏」「東京高飛び」大ハズレ 警察・マスコミまんまと欺いた樋田淳也(J-CASTニュース)

ディープリンク対応アンカーツール【ぐるリンぱ】の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

山本 弘の
ディープリンク対応アンカーツール【ぐるリンぱ】が、
とても気になっているんですよね。

出典元:懸命の捜査を続けた大阪府警だが…

「えっ、山口県?! 」――逮捕の一報に、驚きが広がった。

 2018年9月29日夜、樋田淳也容疑者が逃走49日目にして逮捕された。「地元で知人にかくまわれているのでは」「東京に脱出したのかも」――この1カ月半、さまざまな予測が、世間をにぎわせてきたが、見つかったのは山口県周南市だった。警察もマスコミも、まんまと裏をかかれた格好だ。

■「地元」にこだわった警察だが…

 大阪・富田林署から、樋田容疑者が逃走したのは8月12日のことだ。直後はひったくりなどを働きながら大阪周辺に出没したが、14日に防犯カメラがその姿を捉えたのを最後に、ぷっつりと消息を絶ってしまった。

 それでも警察は、容疑者が引き続き大阪周辺に潜伏している、との疑いを強く持っていた。樋田容疑者は大阪府松原市出身であり、潜むなら土地勘のある地元とにらんだのである。さらに逃走序盤、友人に助けを求める手紙を残したことも、「知人にかくまわれている」との見方を助長した。

 逃走から1カ月、9月12日付の毎日新聞(ウェブ版)記事では、この時点でも大阪府警が「知人らを頼って潜伏している可能性」を最有力視し、交友関係を中心に捜査していることが報じられている。

 だが、手掛かりは得られぬまま。そんな中で注目されたのが、東京などへの「高飛び」説である。25日の「ビビット」(TBS系)は、東京方面にも知人がいるという証言を取り上げ、大阪脱出の可能性を指摘した。捜査の行き詰まりとともに「高飛び」に触れるメディアは増え、「東北」(日刊ゲンダイ)、「新宿二丁目」(週刊実話)のような奇説も飛び出した。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です