子どもへはなぜ今も「愛情弁当」強調? 高度成長期には機能したが…… 共働き増えても、愛情論は再生産(withnews)

株式会社 DESEOのPPCエッセンシャルYDN戦略セミナー 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社 DESEOの
PPCエッセンシャルYDN戦略セミナーについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:子どもへの弁当は、なぜ「愛情」に重きが置かれるのか(写真はイメージ=PIXTA)

昼食に弁当を作る理由は、家計の節約のためだったり、健康を考えたり。人それぞれでいいはずが、子どもに対しては「愛情弁当」という意味づけがされて、そこに苦しい思いをする人たちがいます。なぜなのか、識者と考えます。(朝日新聞記者・長沢美津子、田中聡子、有近隆史)

【画像特集】パスタソース・総菜の盛りつけなどに「『手抜き』の罪悪感」、増加をグラフで 弁当愛情論も

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です