次期政府専用機、成田に初飛来(Aviation Wire)

【3日間限定特別価格】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプをつくった合同会社テオレマの真実!ネタバレとレビュー

合同会社テオレマさんがつくった
【3日間限定特別価格】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプがいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:成田空港のA滑走路を離陸する次期政府専用機=18年11月27日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

2019年度に導入予定の次期政府専用機の初号機(ボーイング777-300ER型機、機体番号80-1111)が11月27日、成田空港へ初飛来した。

 航空自衛隊では来春の運用開始に向け、国内外の空港で訓練を行っている。3日から5日までは、シドニーのキングスフォード・スミス国際空港で、初の海外訓練を実施した。

 首都圏の空港では、10月に初めて羽田へ寄港している。政府専用機の運用は、新千歳空港に隣接する空自千歳基地の特別航空輸送隊が担当しており、12月には2号機が千歳へ到着する見通し。

 成田へは27日午前11時30分ごろ到着。B滑走路(RWY34R)へ着陸した。タッチアンドゴーなどの飛行訓練は実施せず、午後1時30分ごろA滑走路(RWY34L)から離陸した。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です